あのグロスがバームになって新登場♡キャンメイク ユアリップ オンリーバーム

カテゴリ:ポイントメイク/カラーメイク

おはようございます!icosmexです♪
いつも見ていただいてありがとうございます♡

先日ご紹介したこちら⏩キャンメイク ユアリップ オンリーグロス

記事の中で、バームタイプが登場しましたと書いたのですが、私が住んでるところではなかなか売ってなくて、探し回ってやっとこゲットできました♡

ということで、今日はその新登場した新しいプチプラコスメをご紹介します♪

  • 発色:★★☆☆☆
  • 保湿:★★★☆☆
  • もち:★★☆☆☆
  • ツヤツヤ:★★☆☆☆

PR

CANMAKE-TOKYO-/YOUR LIP ONLY BALM

canmake_tokyo_your_lip_only_balm

  • ブランド:キャンメイク トーキョー
  • 商品名 : ユアリップ オンリーバーム
  • 容量/値段 : -ml/650円(税抜)

自分だけのピンクがバームになって新登場♪.

キャンメイクの人気商品、キャンメイク ユアリップ オンリーグロスが、より使いやすいスティックタイプのバームになって新発売されました♡

唇の水分に反応して色が変わると言う点はそのままに、鏡なしでもサッとスマートにつけることができるようになりました。

今回登場したのは、

  • ほんのりピンクに色づく01 クリア
  • はっきりピンクに色づく02 クリア&高発色

の二種類。

グロス同様、他のカラーなど今後の展開も既に気になる…♡

唇にもUVケアを

肌の紫外線対策はしっかりしていても、以外と忘れ去られている唇のUVケア。

最近は口紅そのものにUV効果があるものも多少増えましたが、やはりまだまだ少数派。

手持ちの口紅の下地にUV効果のあるリップなどを付けるのを癖付けるのがベストです。

ユアリップ オンリーバームには、SPF15/PA++と、日常の紫外線をカットしてくれる効果があります。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_2

グロスよりPA数値が1つ多いです♪

紫外線は夏場だけでなく秋冬も降り注いでいますよね〜。

それに、これからの季節は唇の乾燥も気になってきます。

唇が乾燥してくると色自体もくすんで見えたりします。

唇をほんのり自分色のピンクに染めてくれるユアリッオンリーバームで、乾燥と紫外線からしっかり唇を守ってあげましょう♡

使用感 レビュー/感想

こちらがユアリップ オンリーバームのパケと商品箱。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_4

んっ???

最初の画像とパッケージが違うと気付いた方はいますか?

これね、商品に対して結構大きな外装なんですが、こんな感じでスティックが入ってる部分がパコっと外れるんです。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_3

別に外さなくてもいいんですけどね(笑)
こうして、外さないとちょっと、中身が取り出しにくかったのです。

余談ですが、この外箱は紙製ではなくてプラスティック製です。なので開けるときにビリっと破けたりせず綺麗に開けられます♡←外箱綺麗に開けたいタイプ。

中身はこんな感じ。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_5

ゴールドとカットガラス風の半透明ブラックでちょいと大人っぽい。

そして蓋を外すとフラワーモチーフが描かれていてこれまた可愛い♡

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_01

なんかとてもルックスにこだわってるなぁ〜って感じがしますでしょ(笑)

こちらは01番のクリアタイプ。ほぼ透明のスティックタイプです。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_01_1

もっとクリア感わかるように写真撮ればよかった…(笑)

その辺に売ってる色が付かないタイプのリップとかとは違って本当にクリアなんですよ(^_^)

私は透明のものがすごーく好きなんで(どうでも良い笑)この見た目だけでもキュンキュンします♡

そして02番。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_02_1

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_02_2

スティック部分のお花デザインは01番と全く同じなのですが、蓋も全く同じなので、開けてみないと色かわからない…

ちょっと、蓋の色変えて欲しかったなぁ(笑)

グロスの方は中身がそのまま見えてるから間違えたりしないけど、こちらのバームは開けてみるまで区別がつかなくてちょっと困る…

クルクル回すところ?というのかな。

一応ゴールドの部分のお尻の所にシールが貼られているんですが、字がちっこいの(笑)

老眼入ってきてるおばはんには、引で見ても全く見えない…(爆)

これは蓋のてっぺんにスワロとか何かキラキラでも貼り付けて目印つけないと(笑)

まぁ私の事はどうでもいいです、お若い方ならちゃんと見えるでしょうから問題なしです。

今回探しまくってやっと見つけて買ったはいいけど、ちょっと残念だったのがこれ。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_01_2

ちっこいんですよ(笑)

スティック自体すごく細くて、さらに全部繰り出してもこの量…↑

太さは1センチも無いかなぁ。7ミリ程度。長さ2センチちょいぐらい。
※正確に計ってませんが、昔一日中長さ図る仕事してたので、感覚が狂ってなければ多分そんなもんです。

シャネルのスティロアイシャドウを少しだけ太くしたような?ぐらいの細さなのよね。

グロスとお値段は同じで650円(税抜)なのだけど、これ、かなり中身が少ない。

手頃な価格とはいえ、コスパ悪そうなのがとっても気になる…

スウォッチ&使い方

2つのスウォッチです。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_01_02_1

上が01で、下が02です。

当然、グロスタイプより粘度は低くてベタつきません。

この時期でもかなり何度もグリグリしてやっとこのくらいの質感と発色しさなので、真冬はもっと固くなるかもしれません。

スウォッチは付けて1分ほどしてから撮影しましたが、このくらいの発色です。

メイク画像/仕上がり

唇につけてみました。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_01_6

上が素の唇で下が01番のクリアを付けたところ。

私だけのピンクにほんのり発色…

相変わらず発色の悪い私の唇です(爆)

こちらが01番、02番の違い。

canmake_tokyo_your_lip_only_balm_01_02

私の場合、02番の方が少しだけピンクになります♡

先日、グロスのレビューをした時に、このグロスはティントタイプだから、乾燥してる方が色が出やすいよと、ブログ友達に教えてもらいました。

つまるところ、私の唇は水分たっぷりだから発色しないのでは?と。

おお!そうなのか!それなら嬉しい♡とかなったんですが、唇舐めてしっとりさせてからつけても変わらないのです涙

バームでも私の唇ではこれが限界で、時間が経ってもこれ以上ピンクにはならないです。

唇もスウォッチ同様、どちらも付けて1分ほど経ってから撮ってみたけど、グロスの時と同じでこのくらいの発色が限界です(笑)

まとめ

あくまでも私は、だけど、発色はさほど良くないと感じました。

また、もちもそんなに良くないかなぁ〜。割とすぐにつけた時のしっとりした質感が無くなってしまうように思います。

ただ、ティッシュオフしなくてもそのまま他の口紅の下地に使えるので、UV効果のある口紅下地としてはとても優秀。

それにグロスよりべたつかないので、髪の毛もくっ付かないしね(笑)

ちなみに。
結構硬くて、とろけるように…みたいな質感ではないので、唇に何度か往復させないと乗らないです。

なので、案外減るのが遅く、コスパは良いかも♡

最近バームと言えばクレンジングなんかも結構たくさん出ていて、みんなとろけるように〜なんて書いてるので、バームと言えばとろけるもんだと思い込んでました(笑)

お気に入り♡定期購入中のとろけるクレンジングバームはこちら⏩とろけるバームで美肌始めませんか?D.U.O. ザ クレンジングバーム

見た目の可愛さと買いやすいお値段なのはありがたいですが、ちょっと思ってたのとは違ったかなぁ〜!?

期待しすぎた…というのが正直なところ(笑)

ユアリップ オンリーグロスと同じようなツヤツヤ感を求めると、ちょっと違うかも。←私だけ?

まぁバームだから当たり前か(爆)

とりあえず、ご紹介のユアリッオンリーバームは8月2日に全国新発売になってるのですが、他の方の声でもなかなか売ってるところがないとか、売り切れてて買えない!なんてよく聞きます。

私もやっとこ大きな店舗で見つけました←初めからそこに行けばよかった(笑)

プチプラなのにUVケアができるので、持っていて損はしないと思います。見つけたら是非使ってみてね♪

こんな方にオススメ

  • 口元は濃い色が苦手
  • グロスのべたべたが苦手
  • 唇の色が悪い

ご購入はこちらから♪

色の選択が出来ます♪

他にも色々なコスメをレビューしています♪よかったら合わせてご覧ください♪
↓ ↓ ↓
▶︎順次レビュー公開中♪レビュー待ち商品リスト

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

Follow

Tag

同じカテゴリの記事